迫真熱射病部~音ゲーマー・日焼けの裏技~

死んだので初投稿です。


ついに本当の意味で狐火になったゾ(支離滅裂な思考・発言)



7月の三連休最終日にわざわざ避暑や!とか声高に叫びながら京都の亀岡までお散歩ツーリングしてきたゾ。



自分はお散歩する時は基本的にどこにも止まらないので写真がとても少数になります。申し訳ナス




ルートとしては池田方面から能勢へ抜けて山道を北上していく感じで。
f:id:potabi:20180730213954p:plain

これは途中で立ち寄ったローソン



で。
この時の気温は道中にあった電光掲示板を見た記憶では38度とか書いてあった。バイクなら走ってるときは快適だろうと考えてガンガン進んでいったのが運の尽き。何度か濡れタオルで顔を濡らしたり頭から水を被ったりしていたものの

途中道に迷ったりしながら
f:id:potabi:20180730214558p:plain



亀岡のローソンでお昼ご飯を食べている最中にだんだん気分が悪くなってきた。
これはいけないと水分を摂りつつ同じように体を冷やそうとするも一向に体調は回復しない。


朦朧とした意識の中でバイクを思いっきり走らせて
f:id:potabi:20180730214925p:plain



何とか最初に寄ったローソンまでたどり着く。
ここで1Lのアクエリアスを購入(本来であれば脱水症状なのでポカリが最適であるが、売り切れていたため断念)し、がぶ飲みしながら休憩。
ここから家まではそんなに距離がないのでまた大急ぎで家に向かいなんとか生還。

なんか能勢方面ろくなことがないっすね


今回の反省点としては
・猛暑の中走ったこと
・水分補給を怠ったこと
・体の冷却を怠ったこと

そして何よりも
プロテクターをつけたままであったこと
である。



自分がつけているプロテクターは

これだが、当然風は通さないし水をいくらかぶってもプロテクターが邪魔をして胴体の冷却がうまくいかない。
事故を起こした時の安全は大切だが、そもそも「事故をしない」という前提で走っているため、プロテクターが熱中症の危険性を含んでおり、それが原因で安全運転に支障をきたすことがあるのであればプロテクターなどは脱ぐのが一番である。

ただ今回は単純にライダーの経験不足であり、熱中症に対する対策もばっちりできているのであればプロテクターは重要なアイテムであるため着ておこう。



ちなみに今回暑すぎて冒頭から着ていたパーカーの袖をまくって走っていたが
f:id:potabi:20180730220212p:plain


日焼けがとんでもないことになった。
みんなはちゃんと袖を下ろすかアンダーシャツを着ようね!


今回の総走行距離
f:id:potabi:20180730220419p:plain



過去最長となりました。